トップページ >> 活用する >> 自作着うた

804SSに対応している着うた

着うたとしては、AAC形式、AMR形式、mmf形式に対応しています。
AAC形式はバイナリ改変必要ですが、高音質です。
mmf形式は3MB以下なら再生可能ですが、AAC形式に比べて音量を大きくするのが難しいです。
そこでAAC形式の着うたの作り方のみ紹介します。
一番下にサンプルファイルを置いておきますので比較したい方はどうぞ。

 
 

自作着うたの作り方(AAC)

804ssは携帯電話としては、高音質長時間の着うたが自作できます。
128kbps 5分間のAAC ファイルでも全く普通に再生できした。
以下に簡単な方法を示します。

1、音声ファイルを用意する。
mp3でもAACでもwavでも構いません。

2、編集
samsung PC studioの「サウンドの編集」で、音声ファイルを読み込み編集
サビ以外をカットしたりフェードインしたりできますので、お好きにどうぞ。

3、保存
ファイル→名前をつけて保存で、ファイルの種類を[aac]を選んで保存。
音質の設定は128kbpsのままで構いませんが、ファイルサイズを小さくしたいのなら96kbpsでも良いです。

4、拡張子の変更
ファイルの名前を「○○○.aac」→「○○○.m4a」へ変更
.aacが表示されていないときは、マイコンピュータ開いて、「ツール」→「フォルダオプション」→「表示タブ」で「登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外してOKを押してください。

5、着うた偽装化
バイナリエディタで、バイナリ(ファイルの中身)を検索して、「mp4a」→「samr」へ置換
ファイル名は変更しません(変わりません)。
バイナリエディタの使い方はこのページの一番下を参考にしてください。

6、携帯電話へ転送。
○○○.m4aを携帯へ転送
300KB以下ならメールもいけますし、それ以上ならUSBもしくはbluetoohで。
5MBくらいの大きなファイルでも着メロに設定できます。

7、すげ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!


バイナリエディタの使い方
Stirling(ダウンロード)を起動
曲を開いてから、「検索・移動」→「置換」を選ぶ
検索データに「mp4a」、置換データに「samr」と入力。
そして両項目とも「文字列」を選択する。そして「一括置換」をクリック。
「ファイル」→「上書き保存」
Stirlingが置換前のデータを●●.bakとしてバックアップを保存してくれますが、これは必要ないので削除してもかまいません。

バイナリエディタの使い方の代替方法
もっと簡単な方法がありました。
strong Beatというサイトの「ダウンロード」→「samr_w32sa.exe 」をダウンロード。
解凍したら、AACファイルを「samr_w32sa.exe」の上へドラッグ&ドロップするだけでOKです。


音質がとても気になる人はPCstudioを使わずに、wavをSoundEngine等で編集して、その後AAC変換するのが良いと思います。
itunesで取り込んだAACファイルも、手順の5以降さえすれば携帯電話で使えます。

 
 

804SS着メロ サンプル

サンプルとして上記の手順で作った無料着うたです。

#右クリックして対象をファイルに保存してください
Did you think / Adrina Thorpe(曲の詳細)
  AAC形式着うた、 amr形式 着うた、 mmf形式 着うた

Common Flaws / Chad Trent(曲の詳細
  AAC形式 着うた
Fly Baby, Right Now/the sketches(曲の詳細
  AAC形式 着うた

クリエイティブ・コモンズ(Music Sharing)の条件下で再配布、コピー、ファイル交換OKです。